栄養がない野菜だけれどダイエットをサポートするキュウリ

栄養がない野菜だけれどダイエットをサポートするキュウリ

世界一栄養がない野菜といわれてギネスブックにも載っているキュウリですが、ダイエットによい食材です。

 

栄養がないものを食べても体によいイメージはありませんが、どうしてキュウリがダイエットによいのでしょうか。

 

酵素の働き

酵素は消化、解毒、代謝など人間の活動のあらゆることに関わっている物質です。酵素がないと生きていくことができません。

 

酵素には体内で作られる潜在酵素と、食物から摂れる食物酵素があります。

 

潜在酵素は消化酵素と代謝酵素に分けることができます。

 

消化酵素は食べたものの分解、代謝酵素は解毒や代謝など消化以外の活動にかかわっています。

 

1日に作れる酵素の量は決まっており、食べ過ぎたり消化に悪いものばかり食べると消化酵素にエネルギーが使われてしまい、代謝酵素の量が減少します。代謝酵素が不足すると代謝が落ちてやせにくくなります。

 

キュウリで酵素を摂取

生の食品には食物酵素が含まれています。

 

食物酵素を摂ることで消化の負担を減らすことができ、消化酵素の浪費を防いで代謝酵素の生産量をアップさせることができます。

 

酵素は48度以上の熱で活性が失われるので生の食品からしか摂取できません。

 

生野菜をたくさん食べるのは大変ですが、サラダ野菜としてよく利用されるキュウリなら食べやすいですよね。

 

すりおろして食べる

植物には細胞壁があり、酵素は細胞壁の中に入っています。酵素の力を得るには細胞壁を壊す必要があるのです。

 

細胞壁を壊すために、キュウリをすりおろして食べましょう。加熱せずにおろし、時間が経つと酵素活性が低下するのですぐに食べます。

 

セラミック製よりも金属製がおすすめです。

 

すりおろしたものをそのまま食べてもよいし、納豆にトッピングしたり、サラダのドレッシングなどにも活用できます。

 

食べる量

1日に1〜2本を目安に食べます。昼と夜に分けて食べるとよいでしょう。

 

キュウリだけでなく、他の野菜や大豆や魚などのタンパク質も摂取してください。

 

巡りをよくするために1日1.5L以上の水分を摂ります。